パチンコ台データ 無料

Asanaとは

概要から特徴、メリット、機能、事例、トライアルなど

Asanaとは
ワークマネージメントツール

Asana はタスクやプロジェクトを一元管理するための企業向け仕事管理ツールです。計画、プロセス、ステータスを関係者全員がクラウド上でリアルタイムに把握することができます。タスクの作成や追加、期日設定、担当割り当てなど使いやすいインターフェイスでチームや個人の生産性を加速します。

「Asana」を始めませんか?

Asana|「仕事のための時間」を価値ある時間に!

asanaの評判

Asana利用者の評判

Asanaは、ユーザーの評価サイトで圧倒的な支持を獲得

Asanaは、全世界200ヶ国、139,000社以上の導入実績を誇り、その多くのお客様から最高の評価をいただいております。

Anasaは、実際のユーザーが評価を行うにおいてプロジェクトコラボレーション部門でLeaderの称号を得ています。

remote-work-asana-guide

Asanaまるわかりガイド

<<初心者向け資料>>
Asanaって何?何ができるの?という疑問のお答えするために「リモートワーク 時代の新しい働き方、Asanaまるわかりガイド」をご用意いたしました。

こちらのEブックはマンガでわかりやすくAsanaの位置付けや概要、機能などをご紹介しています。Asanaが何か気になっているという方はぜひご確認ください!

 

Asanaご紹介動画

Asanaの特長を1分のビデオにまとめました。
是非ご覧ください。

また、下記よりAsanaの各機能ごとの動画をご覧いただけます。ご自身のニーズにあった動画をご参照ください。初めての方は20分のデモ動画をご覧いただくことをオススメします。

Asana が解決したい社会課題

Asana が解決したい社会課題

日本企業において、時間外労働の上限について月 45 時間、年 360 時間を原則とする働き方改革関連法案が施行さ れました。しかし、知識労働者 (ナレッジワーカー) の 60%が仕事に直結しない「仕事のための仕事」に悩まされ続けています。また、約 80% の知識労働者が働く環境にストレスや心配を抱えています。その主な要因として、多すぎる仕事や、透明性やサポートの不足、フィードバックの欠如が挙げられています。

ストレスや心配の原因

  英国 米国 日本 豪・ニュージ ドイツ
やることが多すぎる 30% 31% 20% 27% 24%
同僚や経営陣からの十分な
サポートや透明性がない
16% 17% 20% 15% 12%
不明なタスクまたは優先順位 14% 14% 13% 17% 19%
非現実的 / 厳しい締め切り 17% 15% 8% 18% 16%
自身の仕事に対する
十分なフィードバックがない
11% 10% 19% 12% 10%
ストレスや不安の原因はない 12% 14% 19% 12% 19%

Asana はチームの仕事の調整と管理をサポートし、
仕事のための仕事を減らすことで生産性向上に貢献する
「仕事を一元化できるツール」です。Asana があれば、
計画、プロセス、そして誰がいつまでに何を
するのかを関係者全員が把握することができます。

国内ナレッジワーカーの1日の仕事の内訳
国内ナレッジワーカーの
1日の仕事の内訳

Asana 会社概要

「仕事の解剖学」アジリティの新時代を迎え入れる

「仕事の解剖学」
アジリティの新時代を迎え入れる

「仕事の解剖学」指数に見る日本の働き方の特徴と考察

企業を取り巻く現在の環境を把握するために、Asana は日本で働く 1102 人、そして全世界合計で1 万人を超えるナレッジワーカーの行動や姿勢を分析し、組織の中で何が機能していて、何がうまくいっていないのか調査した結果をまとめています。

  • 日本のナレッジワーカーの平均的時間の使い方
  • 世界に比べて日本は生産性は高い部分が観察される
  • 日々の仕事に無駄があると感じている割合は世界で最も低い
  • アジリティを実現するための戦略
    などです。
Asana の役割

Asana の役割

世界中の先進的な組織はワークプレイスの在り方を見直すために、時間を節約する仕事管理ソフトウェア 「Asana」 を活用しています。Asana を使用すれば、メールやチャットによる不完全な仕事管理から解放されます。従業員はより効率的にコラボレーションし、仕事量を管理し、より速く決断を下すことができます。そうすることで、全員にとって仕事の働きがいが高まり、生産性が上がり、会社への貢献度やワークライフバランスを最適化できます。

Asanaの料金とプラン選定に関して

Asana料金プラン

Asanaの料金とプラン選定に関して

以下のブログでは、Asanaの料金とプラン選定のポイントをわかりやすくご紹介しています。Asanaのプランには大きくは4つ「Basic」、「Premium」、「Business」、「Enterprise」があります。もし迷ったらこちらをご確認ください。

Asana による効果

従業員がコンピューターにはできない仕事にもっと時間を使えるようにする

従業員がコンピューターには
できない仕事にもっと時間を
使えるようにする

忙しいだけの仕事に多くの時間を費やす人は、重複した作業に時間を費やす傾向が強い

人々が好きなように働き、重要なタスクに取り組めるようにする

人々が好きなように働き、
重要なタスクに
取り組めるようにする

従業員の 62% は日頃から事業に大切だとは感じられない作業の処理を頼まれている

適切なツールを導入して従業員に自信を与える

適切なツールを導入して
従業員に自信を与える

仕事管理ソフトウェアを使用する組織の 64% は、効率よく仕事ができる体制が整っていると回答しています。この数字は、業務の分配を管理していない組織では27%です

Asana を選ぶ理由

Asana ほど、チームが簡単に仕事を調整、管理できるツールは他にありません。また、により大幅な生産性向上が見込めます。

生産性向上

生産性向上

Asana の導入で作業効率が 45% 向上。ルーチンワークを自動化して、コミュニケーションを行動につなげ、優れたアイデアを迅速に実現できます。

仕事の見える化

仕事の見える化

プロジェクトの進捗やスケジュールを把握して、フォローアップにかかる時間を節約。関連するすべての情報を1か所で追跡できます。

チーム管理とデータ保護

チーム管理とデータ保護

チーム設定で、情報に対する全員のアクセス権を適切に設定。また、Asana のセキュリティチームがお客様のデータの安全性と機密性を保護します。

ご利用ツールとの連携

ご利用ツールとの連携

お客様がすでに利用しているツールと Asana の間で作業、会話、ファイルをつなげて一元管理。チームはよりスピーディーに作業を進めることができます。

【ビデオ】Asana社内のAsana活用法

Asanaの生い立ち

Asana は、Meta(旧:Facebook) の創業者でありマーク・ザッカーバーグの大学時代のルームメートであるダスティン・モスコヴィッツが立ち上げた会社です。

彼は Facebook の技術責任者として多数のプログラマーのチームをまとめていました。

仕事やプロジェクトが大きくなるに従って、仕事の範囲、責任、進捗の確認、プロジェクト間の調整、各種ツールでのやり取りなど「仕事のための仕事」が 60% を占めることを改善したいと思い Asana を設立しました。

Asana 早わかり

2012年にリリース


お客様の数: 139,000


利用地域: 200を超える国と地域


国内の受賞:
GRID AWARD 2022 Fall
IT Review 2019年春より
連続で15回受賞


11のトップ・ワークプレイス・アワードを受賞

G2 Crowd
4.3/5      (2489)

ITreview_2023spring
Asanaの顧客の ROI は 387%


ITトレンド GoodProduct
プロジェクト管理 中規模部門
受賞


BOXIL SaaS AWARD Spring 2023
プロジェクト管理・工数管理部門
「Good Service」受賞

Asana 導入企業

全世界200ヶ国、139,000社以上の導入実績。GoogleやMetaなど先進企業が活用!!

asana導入企業

Asanaの使い方

Asanaの使い方

ワークマネジメントオンラインでは、Asanaを初めて使う人のためにAsanaの使い方を画面ショットでわかりやすく解説する記事を掲載させていただいております。Asanaを使えば、タスク管理を容易に行えます。また、プロジェクト全体の進捗などをガントチャートでわかりやすく管理可能です。ぜひ「【公式】Asana 基本の使い方を紹介!初心者必見!」をご確認ください。

Asanaに関するFAQ

Asana


会 社 名 称   Asana Japan 株式会社


本社所在地   〒100-6990 東京都千代田区丸の内2-6-1
        丸の内パークビルディング8F


設   立   2019年 3月


代 表 者   ジェネラルマネージャー 立山東


U R L    

私たちのミッション

Help humanity thrive by enabling the world’s teams to work together effortlessly.

世界のチームが容易に協力しあえるようにし、人々の豊かな未来に貢献します。

テック長沢、M&Aを含めた急成長で生じた組織のムダを「Asana」で解消

自動車や産業用機械の部品加工といった事業を展開するテック長沢。M&A(企業の統合と買収)を含め事業規模の拡大に積極的に取り組んでいる。納入先と“優良なパートナー”としての関係性を確立することが、ますます重要になっているためだ。

一方で、社内のコミュニケーション量は以前の 2.5倍に拡大。情報が点在化し始め業務の流れや調整が複雑になってきた。課題を解決し全体最適の実現に向けて同社が選択したのが SaaS型のワークマネジメントプラットフォーム「Asana(アサナ)」である。テック長沢は Asanaを製造業のビジネスに、どう活用しているのだろうか。

最新ブログ記事

xxx

Asana を始めませんか?